北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

野球人対野球人

なぜか、俺の体が無性にカレーライスを求めている。
ここ、2日間、外食は、カレーライス。
家では1週間続けてカレーライスもないこともないが、
2日連続、外食でカレーライスを食うのは、生まれて初めてのことだ。
カレークックと呼ばれても、致し方ない。

そして、俺は三度(みたび)、カレーライスを買いに、コンビニに向かう。
もう止められない。

残念ながら、俺とは別に、カレーライスに犯されている人がいるらしく、売り切れ。
不本意ではあるが、高菜チャーハンを買い、家路に向かう。

その高菜チャーハンを食い、
「そういえば、番号がわからない電話が入っていたっけ」と、
その電話番号に電話をする。

教育実習の時に出逢った生徒からだった。
12月に連絡が来た生徒から、また別な生徒へ。

どんどん伝えていって欲しい。
40人から、入れ替わり立ち替わりで、電話が来れば、
1ヶ月は、幸せな日々が保証されている。

今回、連絡が来た生徒は、半ば、ライバルのような存在。
お互い、野球をこよなく愛し、
教育実習の時は、「このほうきで構えてみろ」と、
バッティングホームをチェックし、
キャッチボールもした。

キャッチボールのはずが、
その生徒は、どんどん離れていく。
それは、キャッチボールの領域を出て、もはや戦い。
どちらの肩が強いか。

大人気ないとかは、関係がない。
そこは、野球人対野球人。
野球への情熱は、負けたくないんだ。
テレビゲームの野球ゲームすら負けたくない。

その生徒は、卒業式の日に、みんなの前で、
「俺、プロ野球選手になります」と宣言したらしい。
そんなところも、なんとなく似ている。


「俺に負けないくらい、人生を楽しめよ」と、
電話を切り、思い出にふける。


昔、もらった生徒からの手紙を読み、
もらった写真を見る。

早いもので、その頃、出逢った生徒達も25歳。
7年の時が経過している。

もう、俺のことは忘れたかもしれない。
当たり前ちゃあ、当たり前。
たった2週間という時間を共有したに過ぎない。

俺にとっては、変わらず、かげがえのない2週間で、かげがえのない存在。
それで、良いと思っている。

俺だけの片思いだと思っている中、
こうして、連絡をくれると、
ただ、それだけで、その日は、良い日となる。



みんなは、今も笑っているだろうか。