北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

ポストカードのゆくえ〜オーストラリア編〜


「額か写真たてに入れて、飾ってくれ」と冗談交じりの手紙を添えて、
先日、いとこの兄ちゃんにポストカードを贈った。

「なかなか、良かった、大事にするわ」

素っ気ない返事か、はたまた返事も来ないと思っていたから、
意外だったメールを読んで、喜んだ。


もう1人、ポストカードを贈った人がいる。
時々、手紙を書いてくれる、オーストラリアにいる友達。

「世話になった人達に、渡してくれ」と、
世界ウルルン滞在記の別れの場面をイメージし、
手紙の中に、数枚のポストカードを入れた。

「俺のポストカードが、日本を出て、オーストラリアに行くんだな」と、
俺は、この時点で、すでに満足。


その後、ポストカードは、どうなったのだろうか?
友達からの手紙を待ちわびた。

1ヶ月が経ち、その友達からポストカードが来た。

一緒に生活している日本人と、
オーナーと呼ばれるオーストラリア人。

2人にプレゼントをしたと書かれていた。

オーナーが、俺のことを「Special person」と、
ほめてたよと書かれているが、
意味がわからない。

友達も、スペシャルくらい当然わかるだろうと思ってるんだろうけど、ピンとこない。
特別っていう意味じゃないのか?
辞書をひいたけど、わからない。

まあ、意味はわからないけれど、
ほめてくれてるみたいだから、
なんとなくのニュアンスで嬉しい。

「もっと、見てみたい」とも言ってたとも書いてあるから、
調子に乗って、また贈ろう。



楽雲庵塾の『言葉』を更新しました。
3つしか更新していないけれど、見てください。