北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

おみやげ

「もっと、日記を更新してくれ。本のコンテンツだけが、更新されているとがっかりだ」と、最近、ちらほら言われます。

この楽雲庵日記は、楽雲庵塾のメインコンテンツみたいになっている昨今、
トップよりも、訪問者が多いのが、一つの特徴となっております。

どちらにせよ、楽雲庵塾に遊びにきてくれるだけで、嬉しいです。
ありがとう。


今日、北海道から帰ってきた。
ここのところ、おみやげを買ってきても、
人に渡すのを忘れ、
結果的には、自分で食べている。

いや、忘れるというよりも、
自分で食べたいという気持ちが抑えきれず、
ついつい食べてしまうというほうが正しい。

ごめんなさい。


北海道に帰った時に、ひさびさに妹と話をした。
電話で。

電話もひさびさだったけど、本当に、直接、会っていない。
何年会っていないかも忘れた。


「おみやげ持ってきたから、家に帰ったら持っててくれ」
「兄ちゃんが、作ったものでしょ?」


さすがは、俺の妹。
何も言っていないのに、ばれた。
ポストカードを置いてきた。


しかし、あいつは、何の感想もよこさない。



そういうわけで、挨拶が遅れましたが、
今年も楽雲庵塾をよろしくお願いします。