北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

俺は、その日を前夜祭と呼ぶ

旅行に行く前日は、実際に、旅行に行ってる時のように楽しい。


俺は、その前日を、「前夜祭」と呼ぶ。
特に何をするというわけじゃない。
気分の問題。
前夜祭とつけるだけで、1日、楽しむ日が増えたみたいに感じる。
前夜祭から、一人オールをするのも、また良し。
それくらいのテンションで、前日は、臨みたい。


年末、年始と北海道で過ごすことにした俺は、
フェリーの中で、前夜祭を行うことになる。

あまりにもひどい悪天候。
人は、それを「オオシケ」と呼ぶ。

船の中は、まるで遊園地。
ざっぶん、ざっぶんと荒い波。
上下に揺られる体。
船に乗っているのに、遊園地の乗り物に乗っている気分。

遊園地みたいに感じるだけで、もはや前夜祭だと思うが、
このまま起きていたら、確実にK.Oは、1ラウンド目に訪れる。
そんなことを考えているまもなく気持ち悪い。
こうなったら、もう寝るしかない。


朝、起きても、まだまだ続く前夜祭。
持参した本も、もう読み終わった。
暇すぎる。
もうこれは、軟禁だなと、あまりにも暇を持て余し、想像を巡らし、時間つぶし。


もし、この船が大波によって、沈んだら。


誰しもが、飛行機に乗った時には、想像するんじゃないだろうか。
こんな鉄の塊が、空を飛ぶなんて、ありえない。
もしや墜落するかもしれない。

船もまた然りなわけだ。
こんな鉄の塊が、水に浮いているなんて、ありえない。
もしや沈没するんじゃないか。

ここから見える陸まで泳ぐか?
いや、俺は、25メートル泳ぐのが、精一杯。
それは小学校の時の記録だから、
今は、そんなに泳げる自信も無い。

陸に辿りつく前に、確実に体力は、尽きる。
しかも、服を着てると、さらに体力が消耗するって聞いたこともある。

そうこうしているうちに、救助がきて、
海に、ぽつんと、一人。
絶対、発見されるわけがない。
グッバイ

やはり、ここは、でっかい船の近くにいることが一番ベストだな。


船に乗ること、ウン十時間。
もう数えるのすら、めんどくさい。


俺は、両生類みたいだ。
やっと、陸だと、辿りついた北海道。


ただいま、北海道。