北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

笑って暮らせるように

その一本の電話は、幸せな夢のようだった。


寝ぼけまなこで、とった携帯電話。
携帯電話を手にとったことすら、夢と現実の境目。

名前を聞いて、一気に目が覚める。
顔が蘇ってきて、一気に嬉しくなる。


教育実習の時に出逢った生徒からだった。


何ヶ月前か、何年前かも忘れたけれど、
地元の友達が、一緒の職場で働いていて、
「俺の電話番号とメールアドレスを、聞かれたから、教えておくね」って言っていたのを思い出した。

あまりにも、長い期間が経ったから、
その話すら忘れていた。


自分が楽しい生活を送れるようになったら、電話しようと決めていたらしい。
それが、今になったって言っていた。

「辛い時だって、電話して良いんだぞ、
覚えてくれていた、それだけで、俺は嬉しいんだ。」
と電話口で答える。


教育実習から、今に至る俺の話は、
怒濤の如くある。

「うけるね」と、
何度も聞こえる、笑い声。

あまりにも嬉しくて、
ついつい自分の話ばかりする悪い癖が出てしまったと、
後で、反省した。


たぶん、なかなか電話はしずらいと思うけれど、
また、いつの日か、電話をちょうだいよ。

嬉しいことや、悲しいこと、辛いこと、何でもいいからさ。
何も無くてもいいや。
何も無い時は、俺の話をするからさ。
ここぞとばかりにね。


これからも、笑って暮らせるように、
俺は、ここで、陰ながら祈っているよ。