北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

『魔王』伊坂幸太郎:講談社

たぶん、伊坂幸太郎自身が、すごい考える人なんだろうなと、想像しながら、この本を読んだ。

伊坂幸太郎の本は、どの本も、その視点がおもしろい。
自分自身の見方や考え方を振り返らせてくれる。

この本は、憲法第9条、ファシズムなどが出てくる。
社会へ向けて放たれる一冊。
こう書くと、難しい本のように感じるかも知れないけれど、難しい本じゃないし、読みやすい。

全然、想像だにしなかった題材。
そんな意味でも驚かされた。

改めて、平和、戦争、核、憲法9条について考えた。



憲法第9条。
戦争の放棄。

この第9条が改正されることに、賛成だろうか、それとも反対だろうか?
憲法改正は、国民投票で行われる。