凡の花

いろいろあるけれど、それでいい

いじめ

いじめをうけている君に捧げる。


俺は、この過去を話したくないから、今まで人に話したことがない。
思い出すのは、今回だけにしたい。
そんな話だ。


俺も今まで一度、いじめにあったことがある。
小学生の頃。

それまで、兄弟同然のような、親友と呼べる友達が1人いたんだけど、
小学4年生になる時に、転校してしまった。

ただでなくても、楽しくない毎日の中、
さらに、いじめというものにあう。

その話を相談できる友達もいなく、
ましてや、先生に話しをして、コトがでかくなるのも嫌だし、
家族にだって、気づかれたくなかった。
とにかく、誰にも知られたくなかった。

だから、俺は一人で抱えた。

俺は、その時に、死のうとかは思わなかったけど、
ただ、選択肢として、思いつかなかっただけだと思う。
今と同じように、ニュースで、同い年の奴等が、自殺をしているのを知れば、「死」という選択肢は、俺の頭の中に浮上しただろう。
確実に、「死んだら楽になるんじゃないか」って思っただろうね。


この頃の話とは、別だけれど、「死んだら楽なんじゃねぇか」って思ったことも一度だけ一瞬ある。
その時のことを振り返れば、これから先、自分はどこで、どうやっても、同じような状態が続くんじゃないかって思ってね。
もう、思考回路がプラスになんて働かない。
だから、辛いわけだし、苦しくなるわけだけど。
まったくもって、闇もいいところ、光なんてまったく見えなかった。
長い、長いトンネルの中にいるみたいな感じ。


俺はさ、いじめの理由なんて、本当にちっぽけなものだと思ってる。
もしかしたら、理由なんてないのかもしれない。
だから、君はほとんど、悪くない。
その場にいるわけじゃあないけれど、今まで、俺が経験してきたところからいくと、たぶん悪くない。

そんな奴等のせいで、死ぬことなんてない。
そんなこといったって、やっぱり学校に行かないと、その先の将来がまっくらだろうって思うだろ?
そんなこたぁない。
学校が全てじゃない。
今は、学校が中心だから、全てのように感じるだけだ。
そんなに勉強が必要だと思えば、通信制だってあるしさ。
他の方法があるんだ。

俺も語りたくない一つや二つの過去はあるけれど、
語りたい小話も十や二十はできた。

辛いことは多いし、つまらないことも多い。くだらない奴もいる。
だけれどもな、やっぱり、少ないけれども、楽しいこともあるし、嬉しいことも起こる。
すごい奴もいるし、わかってくれる奴も絶対いる。

俺は、楽しいことや、嬉しいことのために生きている。
泣きたくなるほど、嬉しいことに一回でも多く出逢いたい。

俺は、どうせ死ぬんだ。
どうせ死ぬのなら、生きていていて、楽しいことや、嬉しいことを思う存分あじわってやろうと、どうせなら、全部、あじわってやろうと思っている。
だから、死ぬのはもったいない。