北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

その時代、その時代の出逢い、その土地、その土地での出逢い

住めば都:
長年住んでいるとどんな所でもよく思えてくるものだ。
【旺文社 国語辞典


19歳の時、俺は北海道を離れた。

「この土地には、俺を知っている人は、誰もいないんだよな」と、
初めての土地で、初めての経験に、なんかワクワクしていたのを覚えている。

住めば都のような状態になったのも束の間、
その土地、仙台も4年で離れることになる。

二度目の、俺のことを誰も知らない土地。
仙台の時も、住めば都になったから、まあ余裕だろうと思っていた。
が、しかし。
そんな自信なんて、木っ端微塵。
「住めば都なんて、嘘だな、この野郎」と心の中でつぶやく。
「くそ、淋しいな、仲間が欲しいな」って思って過ごした。

そんな俺にも、一人、また一人と仲間ができ、やっぱり住めば都。
住めば都は、人との出逢いの何ものでもない。


その時代、その時代に出逢い、その土地、その土地で出逢った、
友達やお世話になった方々。
どの時代の出逢いも大切で、どの土地の出逢いも大切となったことに感謝します。
ありがとうと何度も言いたい。


今日から、俺は、第一の故郷、元祖故郷の北の大地、北海道に帰る。
再会が嬉しくてたまりません。


楽雲庵塾のトップには、更新情報を載せることができませんが、
この日記を更新できる時にはするので、気が向いた時にでも、
のぞいてみてください。