北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

ドロップキック

「今年も、あいつがやってきたか・・・。寝太郎め。」

日本シリーズの3回途中だったか記憶も曖昧。
起きて、頭もすっきりしないまま、
テレビを観ると、試合は終了。

ここ近年、この季節になると、なにせ眠くて仕方がない。
なぜか、持病の背中や首も痛みだす。

こうなると、何をやるにしても、めんどくさくて仕方がない。

眠けりゃ、寝れば良い。
気の向くまま、おもむくまま。

いや、いや、こうも毎日続けば、
1年の半分を、無駄に使うじゃないかと、
10月から3月まで、何ヶ月あるかと、指を折っている最中、
寝太郎にドロップキックを炸裂させる。

しかし、寝太郎。
なかなかの強者。
倒れても、倒れても、顔を出し、
俺に眠気を誘う。

今年の俺は、負けるわけにはいかない。
そうそう連敗もしてられない。
何度も、何度も、ドロップキックの応酬を浴びせようと思っている。


俺は寝太郎と、死闘を繰り広げながら、
情熱について、考える。

あんなに熱していた心が、
いつのまにやら、冷めている。
今までも、何度か経験してきた。

情熱について、考えていたら、
親の顔がよぎる。

それにしても、俺が進もうとした道に、
まず立ちはだかったのが、親だったなあ。

18歳の時、北海道を出ようと思った。
親に反対された。

教師を目指した。
親に反対された。

いつからか、親が俺の気持ちを試しているのかなと思うようになった。
親には、そんな作戦があるかどうかはわからないけれど、
「反対されて、やめるくらいなら、続かないよ」と言われている気がした。
なんだかんだ言って、最終的には、
応援してくれているわけだから、ありがたい。


やりたいことを、やっているから、続くんだ。
やりたいことを、やっているから、幸せを感じられる。
辛いことや苦しいことなんて、ハッピーエンドを迎えるまでの、
たんなる演出に過ぎない。
俺の物語は、ハッピーエンドで終わると決まっている。


それにしても、北海道日本ハム
登り詰めた頂点。
日本一。

北海道の友達から、喜びのメールが届く。
良かったね、北海道の友達。
嬉しいね、北海道の友達。
北海道から離れていようが、
俺も北海道を愛する一人として、嬉しいよ。