北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

岐路

「俺は、まず捨てることを考えるよ」


友達の中でも、1位、2位を争うほど、決断が早い友達の言葉。
最近、どのように決断するか、友達に聞いてる。

その友達、電話をするたびに、生活が変わっている。
仕事が変わった。結婚したっていうふうに。
俺にとっては、相当、悩むだろうなという物事を、
本当に早いスピードで決めていく。

その友達曰く。
「何を捨てて、捨てられないものは何か考える。
これは、捨てられんと思うものがあるほうを選ぶ。
全てを手にいれようとするのは難しい」って言ってた。


俺は、これを捨てようという考えをしたことはない。
ある意味、捨てるのには勇気がいる。



ただ、本当に大切なものは、少ない気がする。