北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

俺の想像の中でしかなかった大人

母さんが、飲んでいた真っ黒い飲み物。
その真っ黒い飲み物は、俺の中で、大人の飲み物ということになっている。
その名もコーヒー。
うまそうに飲んでいるもんだから、「ちょっと俺にも飲ませてくれ」と飲ませてもらった。

飲んで驚いた。
なんだ、この苦さ。こんなものを、よくうまいと感じるな。
俺は、ただ大人の真似をしたくて、そのコーヒーに、砂糖やらミルクを入れまくって飲んだ。


俺が子どもの頃、大人はしっかりしていて、安定しているように見えた。

俺も大人と呼ばれるような年齢になって気づく。
あの頃に抱いていた大人は、俺の想像の中でしかなかった。

大人は、そんなに強くもない。

悩みだってあるし、
辛いことだってあるし、
不安だってある。

俺よりも長いこと生きていて、悩みがあるんなら、
俺も悩みがあって当たり前。

まあ、悩みはないにこしたことない。
苦労は、ほどほどにして欲しい。

なかなか、いろんなことがあるな。


ちなみに、ビールも大人になったら、
うまく感じるようになると思っていたのに、
うまくないのは、どうしてだ・・・。