北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

花のついた帽子の物語

ジョージアを買い、煙草を吸って、始まる朝。
「いい加減、ジョージアも飽きたぞ」と思いながらも、
いつも行く店の前の自動販売機には、ジョージアしか置いていない。
コーヒーはジョージアしか売らないと言わんばかりの固い意志を感じる。
あそこの店は、ジョージアで、もっているんじゃないのかというくらい、好調な売れ行き。
ちまたじゃあ120円なのに、その自動販売機は110円。
お客さんの心をつかんで離さない。
いや、ジョージアばかりで、離れそう。
そんな微妙な関係のジョージアと俺。

同じように繰り返す朝に、
ここのところ一人の老人と出逢う。

出逢うと言っても、俺は車の中、
そのじいちゃんは歩き。
だから、すれ違うだけ。

すれ違うだけだから、
話したこともないし、
俺だけが気になっているだけ。

そのじいちゃん。
帽子に花をつけて、歩いてるんだ。

たぶん、健康のために、散歩をしていると思うんだけど、
そのじいちゃんが楽しそうに見えてくる。

毎日すれ違っていると、今日の花はどんな花だと気になるから不思議。
昨日なんて、「それにしても見事な花だ」と思いながら見ている俺。

「じいちゃん、長生きしてよ」と、散歩が楽しくなるために、ばあちゃんが作っているものなのか、
はたまた孫からのプレゼントなのか。
じいちゃんとその帽子にまつわる物語を一人想像する。


話たこともない、名前も知らないじいちゃん。
俺も負けじと、楽んで生きます。
また、明日の朝に会いましょう。