北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

蜂のように舞い、蜂のように刺す、つまり蜂の話

なんだ、なんだ、どうして、こうも蚊は俺を狙い打ちするんだ。
夏は、もう終わりを迎えているというのに、
蚊は、ここぞとばかりにラストスパート。
俺は腕に3カ所刺されている。

刺されるといえば、蜂の話。
そうそう、今日は、蜂の話をしようと思ってね。
大した話じゃない。
タワイモナイ話。

蜂に刺されたのは、たぶん小学校に上がるか、上がらないかの頃。
それ以来、刺されたことはない。

蜂は、熊と同じように、こちらが危害を加えようとしなければ、
刺さない。熊は死んだふりをすれば、襲ってこない。
そんな巷の噂。

そんな巷の噂を真に受けた俺は、
蜂を前に、じっとしていたわけですけれども、
刺してきた。
あまりにも意表、意表のなにものでもない。
たぶん、食い終わったアイスの棒を持っていたせいだ。
絶対そうだと、今でも思っている。

「アイスの棒を持ったまま、蜂には近づくな」と、子ども達には教えてやりたい。

蜂は刺したら、死ぬとばかり思っていたけれど、
刺さない蜂もいれば、何回でもさせる蜂もいるんだね。
ちょっと調べて、初めて知った。

長年持ったイメージは、なかなか払拭できるもんじゃない。

俺の蜂のイメージは、「自分の命と引き替えにしても、一矢報いる」。
そんなイメージがある。
気合いが入っている虫だと、一目置いている。


「蜂」っていう字もかっこいいな。