北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

この文章を、兄弟分の友達とラッキーの神様に捧げます。

あれは、何年前の冬の話だっただろうか?
すごい吹雪いていた寒い日。

友達からきた、彼女にふられたという電話。
「俺んちに来るか?」って、ことになり、車をとばすこと数時間。
たまたま、その友達から電話が来た時に、
もう一人の共通する友達が、遊びにきていて、
一緒に、話を聞いた。

思っていたよりも、
どん底にいた友達。

俺は、どうすることもできなくて、
どんな言葉をかけていいかも、
わからない、そんな状況だった。

無力。
人は、自分の力でしか、
どうすることもできないのかって思った。


あれから、その友達は這い上がり、
好きな人ができて、結婚し、子どももできた。
2ヶ月後には、もう一人の子どもが誕生する。


数日前、その友達から、「入院した」っていうメールが来た。
すぐに退院できるだろうと、気楽に考えていたけれど、
電話で話した時に、思いのほか、辛そうな友達。
メールだけではわからなかった、不安な気持ち。


明日、手術することになった。
やっぱり、俺は無力で、俺にはどうすることもできない病気という馬鹿野郎。
本当にどうすることもできないから、心配ばかりがつのる。

今日、電話をした時は、
「頼むから、がんばれ。ここだけは気合いをみせろ」と、言って電話を切った。
ここ5〜6年は、使っていなかった「がんばれ」って言葉。

あと、俺にできることといったら、
「お願いします。本当にお願いします」と、
ラッキーの神様にお願いするしかない。




なんでも、ありませんように。