北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

熱い夏は、まだ終わらない

高さ約25センチメートル。
誰よりも高い位置に、位置する投手というポジションは、
守備でありながら、唯一、攻撃的。

「1」という数字は、特別な数字。
誇り高き番号。
その数字を背にしょっている男を、
人々は「エース」と呼ぶ。

野球をしている者達にとって、
その場所は憧れの地、
特別な場所、
甲子園。

その甲子園の最後のマウンドに立つ2人のエース。
駒大苫小牧田中将大
早稲田実業斎藤祐樹

延長15回を投げきり、
与えた得点は、両者1点のみ。

何度か訪れた絶体絶命。
そんな絶体絶命を乗り越え、
その高さ約25センチメートルのマウンドから、
雄叫びをあげる。

少しでも背を向けた者には、
襲いかかる敗北という現実。
弱気になった時点で、
敗北は、一歩、一歩、近づく。

その2人のエースは、
強気、強気、強気。


熱い、熱い夏。
熱い夏は、まだ終わらない。


本日、再試合。
主役は、どっちだ?