凡の花

いろいろあるけれど、それでいい

暑い夏の空を見上げて

その数、1036基。
鹿児島県知覧町にある石燈籠の数。

この知覧町は、昭和20年、特攻隊の基地が置かれた街。

そして、特攻隊として、帰らぬ人となった1036名。
その1036名の御霊のため、1036基の石燈籠が建てられた。

その街にある、「特攻平和会館」に俺は行った。

20歳前後の若者達の、遺影、遺書、遺品の数々。

特攻隊として、戦死した若者達の出身地は、全ての都道府県にまたがる。

観覧者の中には、その家族にあてた最後の手紙を前に、すすり泣いている人もいる。

帰りのバスを待つ俺は、晴れ渡った空を見上げて、想像する。

この空には、死ぬとわかっていて、飛んで行った戦闘機が、何機もいたんだろうなぁ。

20歳前後の若者達には、好きな人もいたんだろうなぁ。



鹿児島を後にし、残る県は、宮崎県のみとなりました。
屋久島にも行きたかったんだけど、時間が足りなくなってきたので、また次回にします。



これから宮崎県に向かいます。



日本47都道府県制覇まで、あと1県。