北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

本について

中学生の時、「今日から俺は!」という漫画を読んで、伊藤みたいな男になりたいと思った。
その頃から、理想の人間像を持っている。
漫画から学ぶことも多い。

そして、社会人1年目。
仕事が本当に辛かった。
その時も本に出てくることばから助けられたこともあった。
働くようになってから、たくさんの本を読むようになった。
本も出逢いだと思う。
数ある中から、その1冊を手にしたのだ。
そして、その1冊を通して、著者の生き方、考え方を知る。
好きになった著者は、出版している他の本も読んでみることにしている。

人と本の話をするのも好きだ。
全然、その人によって読んでいる本が違う。
話を聞いていて、おもしろそうだなあと思った本も何冊もある。
HPを通して、好きな本の情報交換もしたいと思って、楽雲庵塾の「この本がおもしろい!」を公開している。
ここに載せている本は、私が読んでおもしろかったと思う本しか載せていない。
携帯からでも見れるので、よければ見てください。