北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

教育実習�B トークショー

実習も半分の1週間が過ぎようとしていた。
その日は、担当クラスの担任の先生が休みで、ロングホームルームという自由に使える時間が1時間あった。
ここは自分を知ってもらうチャンス。

楽雲庵「今日、1時間自由な時間があるんだけど、みんな何がしたい?」
生徒1「体育館で遊びたいです。」

体育館で遊びたい生徒が多数であった。

楽雲庵「わかった。じゃあ、聞いてくる。」

私は、教室を出て、学年主任に許可をもらいにいった。

楽雲庵「生徒が体育館に行きたいと言っているんですがいいですか?」
学年主任「ん〜。実習生がみるのはまずいな〜。」
楽雲庵「わかりました。」

私は再び戻ってきて、生徒達に説明した。

楽雲庵「やっぱ、実習生じゃ、だめだって。」
楽雲庵「体育館で遊ぶのと同じくらい、みんなを楽しませてやる。」

カキカキカキ(黒板に字を書く音)
『楽雲庵トークショー』

楽雲庵「トークショーをします。」
生徒「ざわ、ざわ、ざわ。」
楽雲庵「じゅあ、質問がある人がいたら、手をあげてください。」
生徒2「はい。」
楽雲庵「はい。生徒2。」
生徒2「先生は、彼女いますか?」
楽雲庵「いい、質問だ。」

ふざけたこと、まじめなことを1時間ぶっつづけで話をした。

そのトークショーの時間に、みんなの名前を覚えることを約束した。


第4話につづく