どんまい

いろいろあるけれど、それでいい

work

自己研鑽に必要なこと

自己研鑽が必要だというのはわかっているけれど、なかなかエンジンがかからない。そこで考えたのが、自己研鑽する機会を作るということ。要は研修会に足を運ぶこと。 そう思って数ヶ月前に設定したのが本日。 ここ近年で一番忙しい時期に、自己研鑽の機会を…

ひとり作戦会議の振り返り

今週から初めた、ひとり作戦会議が、なかなか良い感じ。 仕事は、毎週金曜日に2時間。 プライベートは休日、朝起きてすぐの1時間。 仕事もプライベートも、やりたかったけど、なかなか取り組めなかったことを実行に移している。 ひとり作戦会議の時間を設定…

実は逆かもしれない

逆をしていたのかもしれない。 時間がかかって気づくこともある。 何が逆だったのかというと、私が20代中頃の話。 当時、私は、自分のやっている仕事の大変さを周りにわかってもらいたいと思っていた。 遅くまで仕事をすればわかってもらえるのか。大変さを…

ひとり作戦会議

信じられないかもしれませんが、北海道にある私の自宅では、連日、ストーブを焚いています。先日、治したばかりの風邪もぶり返し、日々、ひしひしと冬の訪れを感じずにはいられない今日、この頃、みなさんいかがお過ごしでしょうか。 この前、会社の研修に来…

大谷翔平選手とマンダラチャート

野球に関する記事は、アンテナを張り巡らせていたはずなのに、大谷翔平選手とマンダラチャート(もしくはマンダラート)を先日、初めて知った。 上の図が、大谷翔平選手が花巻東時代に書いたマンダラチャート。 目標達成だったり、課題解決のために使われる…

多面的に考える上でのヒント

ストライクゾーンを立体的に考えていると言ったのは元ロッテの小宮山。 小宮山のストライクゾーンの話のように、物事を多面的に捉えることが大切。 わかってはいるけど、なかなか難しい。 多面的に考える上でのヒントは、相手の気持ちを想像すること、と、な…

20代の頃に聞いた言葉で、10数年経った今もなお大切にしている言葉

20代の頃に聞いた言葉で、未だに大切にしている言葉がある。最近、その中の2つの言葉を、何度となく、思い出して反芻している。 「人にしてもらいたいことは、自分からする」 「人が嫌がることを率先してする」 この話しを聞いた当時は、今以上に、自分が、…

まじめにふざける

私が所属している部署で誕生会をした。 2次会はホテル最上階のレストラン&バー。 真面目であり、おふざけでもある。 普段は当然のように居酒屋。 下見に行った部下は、政治家が利用していたのを見たという。 案内された店内は、予想通りの高級感。 私たちも…

当たり前のことを当たり前のようにすることの難しさ

最近、何度となく頭の中に木霊する言葉は、「当たり前のことを当たり前のようにすることが大切」。 人生、だいたい野球で例えることができるけれど、野球で例えると、プロ野球の凄さは、ホームランを打つことや、速い球を投げることももちろんあるけれど、エ…

仕事の勉強をしようと思ってもなかなかできない人に贈る3つの話

仕事関係の勉強をしようと思っても、帰ってきたらスイッチがオフになり、なかなか勉強できなかったという経験はありませんか? 私はそんなのばっかりです。そんなのばっかりでもしや、今、やっている仕事が向かないのではないかとさえ考えたこともあります。…

仕事をしていて考えたこと

今週、仕事をしていて考えたこと。 発する言葉に注意すること。 発言には、その人の本心が見え隠れする。 特にマイナス発言は注意。 たぶん、気持ちを他の人に理解してほしくて発信しているのかもしれないが、伝え方を間違えると、また、愚痴を言っているく…

会社の理念を考える

最近、会社の理念を考える機会があって、そういえばインベスターZに、会社の理念の話があったなあ、と思い出したので、TSUTAYAから借りて、再度、読んだ。 インベスターZ(7) 作者: 三田紀房 出版社/メーカー: コルク 発売日: 2015/02/23 メディア: Kindle版 …

自分の仕事を振り返ること

最近、毎日ブログを書くようになり、週末に1週間の仕事を振り返っているのだが、これが予想以上に良い。 やりっぱなしが、これまでだったんだけど、そこに振り返る機会ができたことにより、やったことの意味を考えるようになったり、出来事がより印象に残っ…

仕事をしていて考えた3つのこと

最近、仕事をしていて感じたことを列挙。 1.行動を起こすことは尊い。 行動を起こすと、批判されることもあるし、嫌な想いをすることもあるけれど、行動を起こしている人はえらいと思う。 行動を起こすと、心が動く。心が動くと、考える。考えると、行動がよ…

DeNAが強くなった理由。ラミレス監督は理想とする上司なのかもしれない。

yakyutaro.jp この記事を読んで、DeNAが強くなった理由がわかった気がした。 と同時に、上司として必要なことは共通するかもしれないな、と思った。 DeNAは、2002年から2015年までの13年間、Aクラスになったのが、2005年の1回だけ。あとの12年は、すべてBク…

仕事をしていく上で、最近、一番、大切だと思うこと

思いやり。 最近、一番、大切だと思うこと。 いかに他人の気持ちに思いを馳せるか。 当たり前のことだけど、まだまだ足りないことに気づく。 自分が忙しかったり、大変だと、なかなか他人のことまで考えられない。 お客さんは、喜んでくれるだろうか。 自分…

まずは一人から

お客さん、20代男性、地域の人など。 仕事をする上で、対象者を、そう総称することがよくあるけれど、 お客さんの〇〇さん。20代男性の〇〇さん、地域の〇〇さん、と、 誰か、一人の顔が浮かぶと、より仕事がおもしろくなるだろうな、と思った。 まずは一人…

気難しい上司と上手につきあう方法

この前、テレビで放映されていた「天使にラブソングを」を観た。 初めて観たのは、いつだろうか。 中学生だっただろうか。高校生だっただろうか。 その時と今では、感想が違う。 今は、気難しい上司といかに上手につきあうか、というヒントがあの映画にはあ…

評価されたい、わかってもらいたい

部下から評価されたい、という雰囲気を感じると、うざったいなあ、と思ってた。 ただ、その満たされない気持ちを満たす必要があるとも思っていた。 いや、誰もが評価されたいし、認められたいという気持ちはあるよな、とも思う。 思ってもいないのに、評価す…

チームで仕事をする上で大切なこと

チームで仕事をする上で大切なことの上位に、思いやりが入ると思う。 思いやりは、人の心に刺さっているが棘がとれる。 自分も人に優しく接しないとと思う。 思いやり。当たり前のようで、なかなかできない。 自分が、自分が、になってしまう。 まずは、自分…

プロの仕事だと思った瞬間

人に見られるところを、しっかり仕事するのは当たり前。 人に見られないであろうところを、しっかり仕事するのがプロ。 年齢は関係ない。 意識の問題。

仕事をしていて嬉しかったことBEST5

今年に入って、仕事をしていて嬉しかったことBEST5を覚えておくことにした。 現在のところ4つのエピソードがランクインしている。 なぜ、そうしようと思ったのかは覚えていないのだけど、仕事を楽しくするには有効的な気がするので続けている。 昨日も、仕事…

コミュニケーションを深める6つのこと

北海道の夏は一気に加速。暑い。 最近、勉強になったこと。 コミュニケーションを深める6つのこと。 1.共通の話題、ネタを探す。 ネタをどう蓄積するか。テレビを見たり、週刊誌を読むなど紹介されていたが、そもそも興味がない。どう、共通の話題を作れば良…

勉強する機会をつくることが大切だと、やっと気づいた

最近、自然と、勉強したいなあ、と思っている。 勉強しよう、しようと思っていても、仕事から帰ってくると、また今度にしようと繰り返すこと数十年。 数十年経過すると、努力して勉強するくらいなら、むいていないのかもしれないと思った時もあった。今も少…

時間をかけるところと、時間をかけないところ

いかに速く、正しく、仕事を終わらせるかを考える一方、時間をかけないとだめなところと、時間をかけなくてよいところを誤ってはいけないとも思う。

最近、大切にしているのは、自然体。

最近、大切にしているのは、自然体。

良い仕事には心がある

良い仕事には心がある

プロフェッショナル仕事の流儀・倉本聰さんがおもしろかった

ひさしぶりに録りためていたプロフェッショナル仕事の流儀を、夕飯を食べながら観た。たまたま再生したものは、脚本家・倉本聰の特集だった。 倉本聰は、脚本を書く前に、登場人物が、何歳に、何をしたかという履歴書を作っていく。実際にドラマ、舞台に使わ…

気遣いできる人が、仕事できる人

気遣いできる人が、仕事ができる人なのではないか、とふと思った。 思って、すぐに、私は気遣いできないことに気がついた。

灰色の景色と灰色の心

灰色の空から細かい雪がゆっくりと舞う。 この景色と同じだ。ずず〜ん、と気持ちが沈む。 久しぶりだ。こんな気持ち。 取り返しのできない失敗をした。