北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

life

プチ断食2

お恥ずかしながらプチ断食1日目にしてギブアップ。こんなにお腹が空いているのに夜飯も抜くなんて、気が遠くなりそうだ、と13時半。やきそば弁当にお湯を注ぐ。次なる挑戦は1週間後の月曜日。断食を1週間決行した人の話を思い出し、そんなことができるのだろ…

プチ断食

職場の飲み会で、プチ断食をしている人の話を訊いた。うる覚えだが、6~7kg痩せたと訊いて、やはり、ここはプチ断食をしようと決めた。決めたら即行動。区切りの良いところとかいらない。まずは行動。なにせ行動。本日から開始。 現在、11:32。朝から烏龍茶し…

ナポリタン

パチンコ屋をなんとはなしに見上げながら、美容師さんが言っていたパチンコ屋の1階にあるラーメン屋に行きたくなった。パチンコ屋の名前は覚えているけれど、どこにあるパチンコ屋か忘れてしまったし、ましてや、ラーメン屋の名前は、美容師さんが忘れたと言…

写真と小説

実家に帰った。日帰りで。実家の猫は、マツコデラックスのようだった。ダンボール箱で作られたベッドで寝ていて、撫でたが、一度も、居間に来なかった。私も気付いたら30分ほど寝ていて、昼の12時になって、そろそろ帰るわって、2時間かけて来たのに、滞在も…

自分探し

自分探しという言葉は、誰が言いだしたのだろうか? 自分なんか探す必要がある?40代の今は、そんなことを思うが、そんな私も20代の頃、どこかでその言葉を聞いて、自分を探していた。天職と呼べる仕事はなんだろうかとか考えながら。 あの頃の自分と出会え…

金を出しても苦労はしたくない。

若いうちは、金を出しても苦労をした方が良いということわざか、言い伝えか、誰かに言われたかは忘れたけど、20代の頃に耳にし、いや、いや、金を出しても苦労はしたくないでしょ、と思っていた。おぼっちゃまくんのように。 おぼっちゃまくん 傑作選 (1) (…

セルフネグレクト

寝ていると、髪を触られた感覚があって、枕元を見ると、猫がいた。最近、知ったのだが、私は、横向きで寝ていることが多く、横向きで寝ていると、猫は、背中を、トン、トン、と触り、布団に入ってくる。仰向けで寝ていると、髪を触るらしい。猫が入れるよう…

断食

水だけ断食をしたという人の話を訊いた。 水だけで7日間、断食をするらしい。感覚が過敏というか敏感になるらしい。 なぜ昔の人は、断食を始めたのだろうか? やってみたいと思ったけれど、そもそも7日間休みを取ることができないし、仮に7日間休みを取れた…

救いと犠牲

朝7時に居間から猫が何度か鳴いた。ご飯ね、と思いながら、起きて、猫にご飯をあげ、稲葉剛『貧困の現場から社会を変える』を読んだ。 8時になり、猫がご飯近くのダンボールをカリカリと爪を立てる。ご飯食べたでしょ、と言いながら、猫にご飯をあげた。 そ…

決断

20代の頃、アパートの近くの河川敷に座り、川を眺めながら、考えごとをしていた。川のゆっくりとした流れを見ていると、落ち着くような気がして。その頃、思っていたのは、決断する力が欲しいということ。 どこからか、そんなことを考えなくなった。何か物事…

私設図書館

1月15日といえば、どんと祭で、いくつかのお守りなんかを持って行こうと、自宅から一番近い神社を携帯で調べて向かったら、神社で火が上がっていない。あれ?と思って、再び、携帯で、調べたら、この神社のどんと祭は、1月19日だそう。 確かに、今日は、水曜…

日記

カリカリカリ。猫がご飯ちょうだいというアピールで目が覚める。寝ぼけ眼で、携帯電話で時間を確認すると、5時半。昨日よりは遅くなったけど、5時半は早いでしょ、今、ご飯食べると、後でお腹すくよ、と思いながらだったのか、言いながらだったのか、そのま…

電話

台所の近くに猫がご飯を食べる場所があり、ご飯を食べたいという主張はいくつかあるのだが、一番、オーソドックスな方法は、ご飯を食べる場所の近くにあるダンボールをカリカリと爪を立てること。カリカリすると、ご飯をちょうだいという意。非常にわかりや…

肉球

横になって寝ている私の背中に、猫は、おい、おい、と呼ぶように、肉球で触った。私は、猫が布団に入りやすいように寝返りを打った。 私の布団に入ってくることは、年に数回のはずなのに、ここ最近は、よく布団の中に入ってくる。私の体にくっつくように、隣…

日常

日常が始まった。 例年、この時期になると、現実に戻ってこれないというか、ああ、怠いな、もっと休みたいなあ、とスタートを切るのだが、今年は、例年になく、調子が良いというか、気が引き締まっている。 年末年始をだらけ切ったからなのだろうか。ちゃん…

ひとつなぎの大秘宝とは何なのか?

尾田栄一郎『ONE PIECE』。ひとつなぎの大秘宝とは何なのか。ONE PIECEファンなら誰しもが一度は考えることで、私も周りのONE PIECEファンと語ってきたけれど、どれもがピンとくるものがなかった。 ひとつなぎの大秘宝とは、”平和”だと直感的に思った。PIECE…

14の夜

だらけ切った年末年始を過ごそうと決めて、夜は、眠くなるまで起き、朝方、眠って、水分は、ほぼコーラで、好きなだけ、好きなものを食べて過ごした5日間。 ブックオフに向かう車の中で、だらけ過ぎて、何となく、体の調子が悪いな、と思った。体の水分が淀…

ブックオフウルトラセール

ブックオフのウルトラセールに行く。1軒行ったところで、腰が痛くなる。いつものこと。昼は、ラーメンだな、山頭火だな、と思いながら、行きつけの山頭火に向かう。車内は、昨日に引き続き、箱根駅伝をラジオで流す。 行きつけの山頭火が別のラーメン店に代…

トラブル

猫の髭が私の頬にあたって、目が覚めた。私の顔のところに猫がいて、布団を少しだけあげると、布団の中に入ってきて猫が胸の上に乗ってきた。 朝9時。今日は、親戚一同と会う日で、3時間かけて、祖母の家がある十勝に向かうのだが、めんどくさいな、と少しだ…

強さとは

年が明けて、年末の話をするのもなんだかな、と思うけれど、年末に、同僚と後輩と食事に行った。 そこで、同僚が、強くて優しい人になりたかったというようなことを言っていて、私とまったく同じだと思った。 中学生の頃から思っていること。強くて優しい人…

だらけきった年の瀬に感謝を込めて

年末感がないのは、12月30日だというのに雨が降っているからだろうか。 読みかけの一木けい『1ミリの後悔もない、はずがない』を開いた。 本の中に、時計の長針と短針のようなカップルが登場し、高校時代に、そんなカップルがいたな、と思い出した。商業科に…

最悪のクリスマスプレゼント

今年、最大の仕事がクリスマスにあり、前日のクリスマスイブは、雰囲気もピリつき、というか、私がピリついた。 夜中にアパートに戻る車の中で、ここで事故って入院したら逃げれるなとか思ったけれど、当然というか、間違いを起こすこともなく、アパートにつ…

わびさび

粋、禅、わびさび。 日本古来より伝わる文化に興味があって、何か自分の生活に取り入れられることはできないか考えていて、スペクテイター 『わび・さび』を手に取った。 スペクテイター〈43号〉 わび・さび 作者:エディトリアル・デパートメント 出版社/メ…

10年

「こんにちは。おかわりありませんか?早いもので12月になりました。年々、早くなっているのか、今年が特別早いのかはわかりませんが、1年があっという間に終わってしまいます。今年もまた3枚CDを選んでいただきたく連絡しました。・・・。」 「こんばんは。…

断捨離

風呂場で、頭を洗いながら、今月は一冊もまだ本を読み終わっていないことに気づいた。どうも集中力に欠ける。長く読めないというか。習慣になっていた読書が、習慣ではなくなったからだろうか。読書にとって代わったのが、携帯ゲーム。以前、はまったゲーム…

大人のいじめ

携帯でゲームをしている時間が無駄だな、と思った。その時間を読書にあてたい。これまでのように。もしくはブログを書く時間にあてたい。 そんなことを考えながら、自宅に帰ってきたにもかかわらず、想いとは裏腹に携帯のゲームを開く。なぜ、こうも、おもし…

日日是好日

夜中に目が覚めて、暗闇の中、座って、携帯電話でゲームをしていると、私の腰のあたりを、とんとん、と触って猫が呼んだ。 私は、携帯電話を置いて、猫に向き直ると、猫は膝の上に乗ってきた。私が布団に横になると、猫も膝から膀胱のあたりに乗ってきたので…

スケートリンク

まるでスケートリンクのような、つるつるの道路を車で走りながら、自宅に帰ってくる。 夕飯を食べて、やっぱり何もやる気が起きないな、と、だらだらと携帯で野球ゲームをして、ゲームをしながら寝ていた。 いつもなら夜中に起きるのだけど、寒かったためか…

腰痛

朝方になると、うつ伏せで寝ていることが多い。うつ伏せで寝ている私のちょうど腰のあたりに猫が登ってきて、寝始めた。うっ、と声に出したか、心の中で言ったかは定かではない。私は身動きがとれなくなった。どれくらい経ったのだろう。 というわけではない…

ただただ生きる

友達が、「だいたいやりたいことをやり尽くして、最近、楽しいと思えることがない」と、言った。 あれから、何度か、その友達が言った言葉を思い出して、自分なりの答えを探していた。しっくりくる言葉を。 生活とは、生きるとは、淡々としているのではない…