北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

2019-03-28から1日間の記事一覧

文化を喫する、入場料のある本屋

東京の地下を歩いていると、あまりにも入り組んでいて、蟻の巣の中を歩いているような感覚になり、行き交う人々は、人ではなく蟻のように見えてきた。 断続的で、継続的に、改札を抜けるときに鳴る、『ピッ』、『ピッ』という電子音は、まるで虫の羽音のよう…