北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

2011-02-01から1日間の記事一覧

永遠の0

映画は、泣きながら観ることがあるけれど、 本を読みながら泣くことは皆無に等しいってほどない。 だから泣いた本というのはタイトルも覚えている。 久しぶりに本を読みながら、半べそをかいた。 その本が今日、紹介する『永遠の0』。 永遠の0 (講談社文庫)…