どんまい

いろいろあるけれど、それでいい

仕事のミス

野球で1点も失点しない完封勝利を収めることができるのは稀。私たちの仕事におけるミスを野球における失点と考えると、ミスが出てしまうのは仕方がない。大切なのは、大量失点をしないこと。ミスをしてしまった後に、どのように行動を起こすかが大事。 友達…

誕生日プレゼント

会社の飲み会で誕生日を祝ってもらった。 妻以外に誕生日を祝ってもらったのは久方ぶりだったので、ケーキが登場しても自分の誕生日のためのケーキだと思わなかった。ケーキが目の前に運ばれてきて、ああ、自分のために用意してくれたんだ、と気づいた。 プ…

2017年おすすめの本5選

毎年、クリスマスの時期になると、友達から手紙が届き、年末年始にかけて返事を書いて、一冊の本と一緒に手紙を送る。一冊の本を選ぶ際に、その年、読んだ本を振り返る。今年、読んだ本の冊数。ちょうど40冊(12月9日現在)。今年も読んだ本を振り返り、その…

革靴の手入れ

回らない寿司を食べたのは、何年振りだろうか。体も、心も喜んでいるのがわかった。こういう日も、たまあには、必要だ。 帰り道。靴屋さんの前で、革靴の手入れをしたかったのを思い出し、専用のクリームを買って帰って来た。昨日、今日と、レザーローション…

365日のほん

今年に入って、読みたい本がなくならない。 好きな本屋の店主が紹介する本をずっと読んでいる。 好きな本屋の一軒が、東京荻窪にあるTitle。 Titleの店主が書いた本が、365日のほん。 365日のほん 作者: 辻山良雄 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 201…

和久井健

私の住む街と隣の街では、車で30分程の距離なのに全く天候が変わる。 その日も、吹雪の中、隣の街にあるTSUTAYAに向かった。 漫画の続きを、1日でも早く読みたくて。 その漫画の名は、セキセイインコ。 セキセイインコ(1) (ヤングマガジンコミックス) 作…

作者買い

相変わらず、いろんな人に、おすすめの映画と漫画を訊いている。 この前、訊いた人が、大の漫画好きで、紹介してくれる漫画、紹介してくれる漫画、ことごとく、聞いたことない作品ばかり。 その人が第一声で言った言葉が、「作者買いなんです」。 作品も紹介…

出会ってきた人たちを大切にする

土曜日に仕事が休みなのは珍しい。 この前、休んだ土曜日が、何月だったのかも思い出せない。 それほど久々。 TSUTAYAで漫画を20冊借りてくる。漫画は読まずに、昼食の蕎麦を食べ、昼寝をする。 15時半に目が覚め、今年やりたい10のことの1つを実現するため…

卵の緒

好きな人と好きなものを食べるのはそんなに大切なことなのだろうか。 卵の緒に出てくる一節。 卵の緒 (新潮文庫) 作者: 瀬尾まいこ 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2007/06/28 メディア: 文庫 購入: 5人 クリック: 33回 この商品を含むブログ (125件) を見…

ぴんぞろ

戌井さんのゼンマイを読み終わった後、もっと戌井ワールドに浸っていたくて、ぴんぞろを買った。 ぴんぞろ 作者: 戌井昭人 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2011/08/17 メディア: 単行本 クリック: 1回 この商品を含むブログ (7件) を見る このぴんぞろ。読…

からだのメンテナンス

かれこれ数十年、整体に通っている。 坐骨神経痛、背中の張り、首の痛み。一ヶ月もすると、そこら中が痛くなる。 引っ越しをするたびに、気に入った美容室を見つけるのと同じくらい、気に入った整体を見つけるのが大変。 今、住んでいるところは3年目だけれ…

アジアプロ野球チャンピオンシップ2017

昨日、アジアプロ野球チャンピオンシップ2017をテレビ観戦。24歳以下あるいは入団3年以内という参加条件があったことをテレビを観て知る。 やはり代表戦はおもしろい。 東京オリンピックが3年後。24歳の選手が27歳。ちょうど脂がのってくる時期。今回のアジ…

space1-15

札幌ドーム付近を車で走っていると、すごい人の列が目に入った。何かイベントがあるんだろうなあ、と眺めていたら、ふと、嵐のコンサートがあると聞いていたのを思い出した。札幌ドーム3DAYS。当たり前だけど、女性、女性、女性。圧倒的女性。ここまで女性を…

今日の感心した一場面

今日の感心した一場面。 宅配便の方が私の会社の配達物を取りに来た。宅配便の方は、書類の確認作業を終え、帰ろうとした、その時。 会社の同僚(20代女性)が、「これ食べてください。もらいものですけど」と言って、食べ物を渡していた。 その行為がすごい…

怒られやすい人であれ。

社会人になって、何年経ったか数えてびっくり。17年も経った。まもなく40歳。40歳という感じがしない。社会人なりたての20代前半の気持ちも、まだ覚えている。40歳近くなると、それなりに部下もいて、ああ、自分が20代の頃は、上司や周りの先輩は、私のこと…

僕だけがいない街

ここ最近、読んで一番おもしろかった漫画は”僕だけがいない街”。 僕だけがいない街(1) (角川コミックス・エース) 作者: 三部けい 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店 発売日: 2013/05/18 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (30件) を見る 主人公は…

自分でコントロールできないものに気を病むのではなく、できることを精一杯やろう

私の書斎には、野球コーナーがあって、野球コーナーの中に松井秀喜の関連本が10冊ある。歴代野球選手の中で一番好きな選手が松井秀喜。 以前、テレビで見た、松井秀喜を特集している番組で、いろんな人が、松井は、野球、ファン、チームメイトに対して敬意を…

物語を大切にしたい

久しぶりに、くるりの"soma"という曲を聴いた。 本当、素晴らしい。 東日本大震災のあと、出会った福島県相馬市の方々に贈った唄。 以前、テレビでくるりと福島県相馬市のドキュメントを見て、それ以来、くるりのファンになった。 曲にまつわる物語が、曲に…

古着屋とリサイクルショップ

私が行った何軒かの古着屋は雰囲気は良いんだけど、古着なのに、高っ!というものが多かった。こういうものなのか、古着を選ぶことって。 コートと同時に、椅子とソファも探している。なかなか気に入ったものが見つからない。良いかなあと思って、店員さんに…

ゼンマイ

本屋さんに行って、好きな作家さんの新刊が出ていないか眺めているのだが、戌井昭人さんの新刊が出ていたのは気づかなかった。amazonで検索したら、読んでいない本が売っていて早速買った。 ゼンマイ 作者: 戌井昭人 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2017/0…

あなたに起こることは、私にも起こりうる

映画と漫画を立て続けに見続けた時期も終わり、再び、読書生活。 映画だったか、漫画だったか、どの作品だったかも忘れたが、最近、何度となく思い出す言葉がある。 あなたに起こることは、私にも起こりうる。 この言葉に出会った時は、そんなに響かなかった…

仕事を辞めたくなった若者と出会ったら、どんな話をするだろうか

会社に就職すること、ある職業になることが目的だと、仕事に行き詰まった時に、すぐに辞めてしまう。仕事を通して何を実現したいかを考えることが大切だ、と言うような内容の話を聞いた。昨日から、ずっと考えている。 仕事を通して何を実現したいか。 社会…

古着屋

雪虫を見かけると、数日のうちに雪が降る。 今年もそうだった。 みぞれ混じりの雨が降った。 北海道は、秋か冬かで言えば、冬。 近々、タイヤ交換をしなければならない。 あと、冬用のコートを買わなければならない。 今年は、古着で買おうと思っている。 ”…

銭湯

それが何歳の記憶かは定かではない。 おそらく保育園に入る前の記憶。 だとすると3歳より前。 家族で銭湯に行った記憶。 当時、住んでいた住宅にはお風呂がなかったのだろうか。 しょっちゅう銭湯に家族で行っていた気もする。 風呂上がりに瓶のコーヒー牛乳…

レンズ交換が驚異的な安さ

大学生の頃、牛タン屋でアルバイトをしていた。 アルバイトの最初の頃はひたすら皿洗い。たまあに米とぎ。 次の段階に進むと、盛り付けだったり、下準備を任される。 そして、最終的に焼き台の前に立つ。 つまり牛タンを焼くことになる。 炭焼き。花形。 数…

映画を観ながら、こんなに泣いたのは久しぶりだった

久しぶりに泣いた。 風邪気味だったこともあり、鼻を何度となくかみながら、泣きじゃくった。 この映画を薦めてくれた一人は、辛すぎて、途中で観るのをやめたと言っていた。 確かに、辛い。辛いけど、私の身にも起こりうる。 いじめ、病気、蒸発、孤独。 な…

見通しを持つこと

久々に嵐のような業務量だった。 私の課題の一つ。 見通しが甘く、締め切りぎりぎりで慌てる。 見通しを立てるのが得意な部下がいる。 業務の一部をやり、どれくらいの時間がかかるか測る。 その時間を元に、全体で、どれくらいの時間がかかるか計算する。 …

精神と時の部屋

締め切りに追われることは、今回が初めてではない。 初めてではないが、毎回、初めてのように、段取りがうまくできない。 締め切り間近になり、もっと早く取り掛かればよかったと後悔し、 パーマンに登場するコピーロボットが欲しいと思っていたり、 ドラゴ…

自己研鑽に必要なこと

自己研鑽が必要だというのはわかっているけれど、なかなかエンジンがかからない。そこで考えたのが、自己研鑽する機会を作るということ。要は研修会に足を運ぶこと。 そう思って数ヶ月前に設定したのが本日。 ここ近年で一番忙しい時期に、自己研鑽の機会を…

ひとり作戦会議の振り返り

今週から初めた、ひとり作戦会議が、なかなか良い感じ。 仕事は、毎週金曜日に2時間。 プライベートは休日、朝起きてすぐの1時間。 仕事もプライベートも、やりたかったけど、なかなか取り組めなかったことを実行に移している。 ひとり作戦会議の時間を設定…